女性管理職の数と働きやすさについて

求人票や求人サイト等でその会社の女性管理職の数を確認する事ができます。これを確認する事は、その会社で女性であっても出世する事ができるかどうかわかるので大切です。しかし、その数を確認しただけで女性が働きやすい職場であるとは限らないです。その数が多い会社であっても、その職に従事している人間のほとんどが独身や育児や介護に関する課題を抱えていないケースであれば、その会社は必ずしも働きやすい職場とは言えないです。その数を確認するだけではなく、育休、産休制度や介護に関する配慮等も確認しておいた方が良いです。

女性管理職の数の多さで女性に良い会社と判断するのではなく、福利厚生等あらゆる視点から判断する事が大切です。

昨今、女性の管理職は増えています。その多くが会社の育休、産休制度や介護休暇等をうまく活かして働き、管理職になっています。

今後、この数をさらに増やしていくためには、より多くの会社が産休時、育休時等大変な時期の女性のケアを充実させる事です。